関東甲信 猛暑日のところも 25日も猛暑日に 熱中症に警戒

関東甲信 猛暑日のところも 25日も猛暑日に 熱中症に警戒

24日は晴れて気温が上がり、関東北部などでは35度以上の猛暑日となりました。
25日は埼玉県で最高気温が38度と予想されるなど厳しい暑さが予想され、こまめに水分を補給するなどして熱中症に警戒してください。

気象庁によりますと、24日の関東甲信は高気圧に覆われて晴れのところが多く、各地で気温が上がりました。
日中の最高気温は、長野県飯山市で36.1度、茨城県古河市、栃木県佐野市で35.4度、埼玉県鳩山町で35.2度、群馬県館林市で35.1度と猛暑日となったほか、甲府市で34.4度、東京の都心で32.6度、横浜市で30.6度、千葉市で30.1度などと各地でことし最も暑くなりました。
25日も気温が上がる見込みで、日中の最高気温は埼玉県熊谷市で38度、前橋市で37度、宇都宮市で36度、長野市で35度、水戸市と甲府市で34度、東京の都心で33度、横浜市と千葉市で31度などと予想されています。
その後も来週にかけて関東甲信の内陸などで35度以上の猛暑日が予想されるなど、厳しい暑さがしばらくの間、続く見込みです。
この時期はまだ暑さに慣れていないため、こまめに水分を補給したり、我慢せず冷房を適切に使用したりするなど熱中症に警戒してください。

24日は首都圏でも各地で気温が35度以上の猛暑日となりました。
このうち埼玉県熊谷市でも35度を観測し、ことし初めての猛暑日となりました。
市内のデパートの周辺では、日傘をさしたり水分補給をしたりする人の姿が見られました。
地元に住む40代の男性は「暑くて湿度もあるし汗がべとついて気持ちが悪くてうんざりしています」と話していました。
また、60代の女性は「まだ梅雨なのに、こんなに早くから暑くなってみんな大丈夫なのかなと思います」と話していました。
また、どのような暑さ対策をしているのかについても聞きました。
10代の男子学生は「外出先では通気性のいいマスクを使ったり、適度な水分、塩分補給を心がけています。家では水にぬらしたタオルを冷蔵庫に入れて氷タオルのようにして、首にかけたりしています」と話していました。
また、70代の母親を持つ女性は「ひなたを歩いたら焼けるような暑さでした。母が1人暮らしなので、家で熱中症になり倒れないか心配です。母には先日、新しい扇風機を贈りました」と話していました。

暑さに関連して、東京都の小池知事は記者会見で「熱中症は自宅内で起こる可能性が高いので、必要な時はエアコンを動かし、扇風機も活用してもらいたい。また、コロナ対策では換気も必要なので、両方を考えながら、部屋の室温などに注意して対応していただきたい。みずからの健康をみずからで守れるよう工夫し、文明の利器を活用していただくようアナウンスしていく」と述べました。