栃木県 新型コロナ 新たに33人感染確認 計7515人

栃木県 新型コロナ 新たに33人感染確認 計7515人

栃木県と宇都宮市は22日、新たに合わせて33人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

県と宇都宮市によりますと、新たに感染が確認されたのは10歳未満から80代の男女あわせて33人です。
いずれも重症ではないということです。
このうち、小山市に住む30代の男性は、クラスターが発生した鹿沼市の事業所の従業員で、この事業所での感染者はあわせて12人となりました。
22日発表があった33人のうち15人は、今のところ感染経路は分かっていません。
これで、県内で感染が確認された人は累計で7515人になりました。
また、インドで確認された「L452R」の変異があるウイルスの感染も県内で新たに確認されました。
県は22日、10代から40代までの男女8人の感染を発表し、感染者は累計で54人になりました。
いずれも重症ではなく、8人のうち5人は今のところ変異ウイルスへの感染経路が分かっていないということです。