津市に開校予定の夜間中学校名(案)は「みえ四葉ヶ咲中学校」

県教育委員会は、来年4月に、津市に開校を予定している夜間中学校の校名について、「三重県立みえ四葉ヶ咲中学校」とする案を決めました。
県議会での議決を経て、今年度=令和5年度内に正式に決定される見通しです。

県教育委員会は、病気や不登校などの理由で義務教育を十分に受けられなかった人や、外国の人たちなどが学ぶ夜間中学校を、来年4月、津市の「みえ夢学園高校」内に開校する予定です。
県教育委員会は、この夜間中学校の校名を県民に公募し、選定作業を進めてきましたが、23日の会議で、「三重県立みえ四葉ヶ咲中学校」とする案を決めました。
この名前には「生徒たちが卒業する頃には、素敵な四つ葉が心の中に咲いてほしい」という思いが込められているということです。
また、県教育委員会は、熊野市の木本高校と御浜町の紀南高校が統合して来年4月に開校する新たな高校の校名について、「三重県立熊野青藍高等学校」とする案を決めました。
これらの校名は、今後、県議会での議決を経て、今年度内に正式に決定される見通しです。