自転車でツーリング中に転落 男子中学生が重体 玉城町

3日午前、三重県玉城町の県道で夏休み中に同級生と自転車でツーリングをしていた13歳の男子中学生がガードレールに衝突したはずみで崖に転落し、意識不明の重体となっています。

警察によりますと、3日午前10時すぎ、玉城町勝田の県道で同級生と一緒に自転車でツーリングに来ていた隣の度会町の13歳の男子中学生がガードレールに衝突したはずみで崖の下に転落しました。
男子中学生は、伊勢市内の病院に搬送されましたが、頭など全身を強く打って意識不明の重体だということです。
中学生は事故当時、ヘルメットを着用していなかったということです。
一緒にいた同級生にけがはありませんでした。
現場は、片側1車線の急なカーブだということで警察はスピードが出てカーブを曲がりきれなかったとみて、事故の詳しい原因を調べています。