コロナ感染者数の把握 三重は独自システムで市町別の把握継続

新型コロナウイルスの感染者の全数把握が、26日から、全国一律の措置として見直され、詳しい報告の対象者が高齢者などに限定されました。
一方、先行して全数把握を見直した三重県は、独自のシステムを使って、市や町ごとの感染者数などの把握を継続することにしていて、医療機関の負担軽減と感染者情報の把握の両立を図ることにしています。

三重県では、9月9日から全数把握を見直し、詳しい報告の対象を、65歳以上の人や入院が必要な人、妊娠中の女性など重症化のリスクが高い人に限定しています。
見直しにあわせて、県は、県独自のシステムを構築し、詳しい報告の対象外の感染者について、「氏名」や「生年月日」それに「居住する市町名」の3項目を登録するよう医療機関に求めていて、26日以降も、このシステムを使って個別の感染者の把握を継続することにしています。
三重県は、こうした対応により、医療機関の負担軽減と感染者情報の把握の両立を図ることにしていて、感染者が適切な医療を継続して受けられるよう適切に対応したいとしています。
県患者情報プロジェクトチームの鈴木一司担当課長は「県が情報を持っていれば、素早く支援に繋げられるメリットもあるので、作業として必要だと考えている」と話しています。