台風の接近にともなう交通機関への影響 

台風の接近にともなう交通機関への影響 

台風の接近にともなって交通機関にも影響がでています。
はじめにJRです。
台風の影響で東海道新幹線は、豊橋駅から三河安城駅の間で運転を見合わせています。
また、JR紀勢本線は、三重県の多気駅と和歌山県の新宮駅の間の上下線、JR名松線は、三重県内の松阪駅と伊勢奥津駅の間の上下線、JR参宮線は、三重県内の伊勢市駅と鳥羽駅の間の上下線で、いずれも終日運転を見合わせています。
また、JR飯田線は、23日午後8時から長野県の辰野駅と愛知県の豊川駅の間の上下線で運転を見合わせるとしています。
さらに、JR東海道本線は、愛知県の豊橋駅と岐阜県の大垣駅の間の上下線で通常より本数を減らして運転しているほか、JR中央本線も名古屋駅と岐阜県の中津川駅の間の上下線で本数を減らしています。