三重県に熱中症警戒アラート

三重県では、16日、熱中症の危険性が極めて高くなると予想されています。

津地方気象台と環境省は、熱中症警戒アラートを発表し、熱中症に対するいっそうの対応を求めています。
外出をなるべく避けることや、室内をエアコンなどで涼しくして過ごすこと、運動する場合は、医師や看護師を配置するなどの対策を取ったり、涼しい屋内で行ったりするよう呼びかけています。

日中の最高気温は、津市で35度、尾鷲市で36度、四日市市で34度、伊賀市で35度と予想されています。

環境省が公開している「暑さ指数」も確認し、熱中症を予防する行動を取ってください。
お年寄りや小さな子どもは特に注意が必要です。