台風8号 13日三重県に接近し激しい雨が降るおそれ

台風8号は、13日明け方から朝にかけて三重県にかなり接近し、雷を伴った非常に激しい雨が降るおそれがあります。
気象台は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、高波に十分注意するよう呼びかけています。

津地方気象台によりますと、台風8号は日本の南にあり、ゆっくりとした速さで北北東へ進んでいますが、しだいに進路を北東に変えて、13日の明け方から朝にかけて三重県にかなり接近するおそれがあります。
これに伴って、温かく湿った空気が流れ込むほか、台風本体の雨雲の影響も加わり、県内は大気の状態が非常に不安定になり、雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。
1時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、12日は北中部、南部ともに40ミリ、13日は北中部、南部ともに50ミリと予想されています。
また13日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、北中部、南部ともに120ミリと予想されています。
気象台は、台風の進路や発達の程度によっては警報級の大雨や高波となる可能性があるとしています。
また、東海地方では、13日の日中、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、うねりを伴った高波に十分注意するほか、竜巻などの突風や落雷、ひょう、強風に注意してください。