県の男女共同参画センターに旧統一教会が登録団体として認定

三重県の男女共同参画センターが「世界平和統一家庭連合」、旧統一教会の関連団体をセンターの事業に協力する「登録団体」として認定していることがわかりました。
県は「登録された当時、旧統一教会の関連団体という認識がなかった。取り消すかどうかについては今後、慎重に検討したい」としています。

県の男女共同参画センター「フレンテみえ」の登録団体として認定されているのは、旧統一教会の関連団体、「世界平和女性連合三重第一連合会」です。
県によりますと、この団体は平成21年に登録団体として認定され、平成29年から少なくとも3年間センターが行うイベントのバザーに出展していたほか、去年とことしは団体の活動をイベントのホームページで紹介したということです。
登録団体の要件には、「特定の政治・宗教を支持する団体ではないこと」と定められていて、県の担当者は「当時の記録はないが、認定されているので要件を満たしていたのだと思う」と説明しています。
そのうえで、登録の是非については、「登録された当時、旧統一教会の関連団体という認識がなかった。認定を取り消すかどうかについては今後、慎重に検討したい」と話しています。