四日市港で3年ぶりに「カッターレース」

三重県の四日市港で、手こぎボートをこいで速さを競い合う大会が、3年ぶりに行われました。

この大会は、新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催となった「四日市港まつり」の中で行われ、県内から訪れた10代から70代までの男女合わせて33チームが参加しました。
レースでは、全長6メートルのボートに8人が乗り込み、一般の部では港に設けられた往復400メートルのコースで速さを競い合いました。
参加者たちは、指揮をする人のかけ声に合わせて、力強くボートをこいでいました。
会社の新入社員のチームで参加した22歳の女性は「こぐ人の中で1人しか女子がいなかったのですが、一生懸命頑張りました。目標の5分を切れたので大満足です」と話していました。
同じチームの22歳の男性は「きつくて腕がパンパンですが、みんなでゴールできた達成感があります。みんな練習の時より声が出ていて、パワーが出ました」と話していました。
また別のチームの24歳の男性は「あまり練習ができなかったけど目標のタイムを切れた。達成感があったのでまた挑戦して、次は1位を狙いたい」と話していました。