「美旗メロン」収穫最盛期 名張市

三重県名張市で、寒暖差の大きい気候を生かして栽培する、特産の「美旗メロン」の収穫が最盛期を迎えています。

名張市の美旗地区では寒暖差の大きい盆地の気候を生かし、甘味が強いのが特徴の『美旗メロン』を7軒の農家が栽培しています。
メロンの収穫は7月中旬から収穫が行われていて、このうち、栽培農家の岡山浩司さんは9棟あるハウスで早朝から収穫作業を行っています。
岡山さんは、ひび割れがないかなどを確認しながらつるをハサミで切り、ていねいにかごの中に入れていました。
ことしは7月上旬に雨の日が多く、その後天気が回復して暑い日が続いていて、みずみずしく、甘味の強いメロンに仕上がっているということです。
岡山さんは「糖度が上がってきていまが一番甘くておいしいのでみなさん食べてください」と話していました。
美旗メロンは地元のJAの直売所などで、8月10日ころまで販売されるということです。