伊勢神宮の大宮司に久邇朝尊氏が就任

伊勢神宮の行事や事務を監督する大宮司が交代し、元皇族の子孫の久邇朝尊氏が就任しました。

伊勢神宮によりますと、久邇氏は東京都出身の62歳。
学習院大学を卒業後、東京の商社に入社し、ドイツ駐在などをへてグループ会社で役員を務めるなどしました。
大宮司は伊勢神宮の行事や事務を監督する責任者で、久邇氏は5日付けで、平成29年から5年務めた小松揮世久氏に代わり大宮司に就任しました。
久邇氏は7月9日、小松氏とともに伊勢神宮に参拝し、大宮司の交代を報告するということです。