台風4号の接近で三重県は6日にかけ激しい雨の見込み

台風4号の接近に伴い三重県は5日、ところによって1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る見込みです。
気象台は、台風が最も接近する6日にかけて県内では土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

津地方気象台によりますと、台風4号は、西日本の太平洋側を東に進み、6日未明から明け方にかけて三重県に最も接近する見込みです。
台風周辺や高気圧のへりから流れ込む暖かく湿った空気の影響で、県内は大気の状態が非常に不安定になり、ところによって雷を伴い非常に激しい雨が降るおそれがあるということで、雨雲が予想より発達し、停滞した場合は、警報級の大雨となる可能性があります。
気象台によりますと県内の雨のピークは5日から6日にかけてと見られ1時間に降る雨の量は、5日いずれも多いところで南部で50ミリ、北中部で30ミリと予想されています。
また、5日夕方までの24時間に南部で150ミリ、北中部で100ミリ、さらに6日夕方までの24時間に南部で100〜200ミリ、北中部で100〜150ミリの雨がそれぞれ、降る予想だということです。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に十分注意するほか、強風や高波、竜巻などの激しい突風のほか落雷、ひょうへの注意も呼びかけています。