参院選 期日前投票始まる 松阪市の特設サイトに混雑状況表示

参議院選挙の期日前投票が、23日から県内でも始まりました。
このうち松阪市では、市の特設サイトに投票所の混雑状況を表示して密を避けて投票するよう呼びかけています。

参議院選挙は22日公示され、期日前投票は県内各地の自治体でも始まりました。
このうち松阪市役所の投票所には、午前中から有権者が次々と訪れ、投票していました。
松阪市では新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、市の特設サイトで期日前投票所の混雑状況をランプの色で伝える取り組みを行っていて、混雑が激しければ赤混雑している場合は黄色、すいている場合は青でそれぞれ表しています。
県選挙管理委員会によりますと、前回3年前の参議院選挙では、投票した人の33.84%にあたる26万人余りが期日前投票を行っていたということです。
松阪市選挙管理委員会の川口高博書記は「仕事などで投票に行けない人に気軽に来てもらいたい。混む時間帯もあるので、混雑状況を見て密を避けて来てほしい」と話していました。
参議院選挙の期日前投票は一部を除いて、投票日前日の7月9日まで行われます。