4人死亡事故で現場再現し検証

去年12月、津市の国道23号線でタクシーと乗用車が衝突し、運転手と乗客あわせて4人が死亡した事故で、警察は15日夜、事故が起きたのと同じ時間帯に改めて現場検証を行うことになりました。
これにともない、国道23号線は、津市内の下り線が4時間にわたって通行止めになる予定です。

去年12月29日の午後10時前、津市本町の国道23号線の下り線でタクシーと乗用車が衝突し、44歳の運転手の男性と乗客の30代から50代の男性あわせて4人が死亡しました。
警察は国道沿いにある飲食店の駐車場を出たタクシーが、片側3車線の道路を横切って中央分離帯の切れ目を通り反対車線に出ようとしたとき、右から来た乗用車と衝突したと見て詳しい原因を調べています。
警察はこの事故について現場の様子を再現して発生当時の状況をさらに詳しく調べようと、事故が起きたのと同じ時間帯に改めて現場検証を行うことになりました。
このため、国道23号線の下り線は津市の本町から南中央の区間で15日午後8時から16日午前0時まで、車道と歩道が通行止めになる予定です。
警察はこの時間帯、松阪市や伊勢市方面に向かう人は東側を併走するバイパス、県道114号線にう回するよう呼びかけています。