日本維新の会 吉田豊史衆院議員の離党勧告処分決める

日本維新の会は、党所属の吉田豊史・衆議院議員がことし7月の参議院選挙に比例代表で立候補した上野蛍候補に対し、支援にあたって1000万円を要求したなどとして離党勧告の処分にすることを決めました。

日本維新の会によりますと、ことし7月の参議院選挙で党が公認した比例代表の上野蛍候補が、党所属の吉田豊史・衆議院議員から支援にあたって現金を要求され支払えない場合は公認を辞退するよう求められたということです。
これについて日本維新の会は、9月26日に開いた党紀委員会で吉田氏への聞き取りや双方の会話を録音したデータの確認などを行った結果、吉田氏が政治資金収支報告書に記載しない金銭として1000万円を要求したと認定しました。
その上で、29日に緊急の常任役員会を開き、金銭は支払われなかったものの不法行為をそそのかす言動は政治倫理上、著しく不適切であり党の名誉を傷つけたとして、離党勧告の処分にすることを決めました。
処分については本人からの異議申し立てを受け付けたうえで、申し立てがなく、29日から10日以内に離党しない場合は、除名処分になるということです。
吉田氏は衆議院比例代表北陸信越ブロック選出の当選2回で、富山維新の会の代表を務めています。

29日午後、記者会見を開いた日本維新の会の藤田幹事長は吉田氏の処分について「たいへんゆゆしきことだ。立場が上の者が下の者に金銭を要求するようなことはあってはならないし、政治家としてのモラルにも反している。非常に残念だ」と述べました。
また、金銭の要求が発覚した経緯について「情報提供があったため、上野候補と吉田氏から事情を聴くなどして調査した結果、今回の処分が決まった。会話を録音したデータは上野候補から提供された」と説明しました。

日本維新の会の吉田豊史・衆議院議員は29日午後6時から富山市で会見を開き、党の離党勧告処分に対して異議申し立てを行う考えを明らかにしました。
会見で吉田氏は「金銭を要求する発言をしたことは事実だ」としたうえで、「日本維新の会では選挙にあたって候補者本人がすべて準備することを求めている。上野氏に資金の確認をして次のステップに進みたいという状況の中で『持ってこい』という表現をした。自分が着服するという意図はまったくなかった」と述べました。
また、上野氏に対しては「完全にパワーハラスメントのような表現になってしまったと思っており、申し訳なかったと率直におわびしたい」と述べました。
吉田氏は離党や議員辞職はせず、弁護士とも相談して党の離党勧告処分に対して近く異議申し立てを行うということです。