魚津市などでことし初の猛暑日に 熱中症に十分注意を

24日の県内は各地で厳しい暑さとなり、魚津市などではすでに気温が35度台まで上がりことし初めての猛暑日になっています。
気象台は強い日ざしを避けて水分をこまめにとるようにするなど、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

24日の県内は南からの暖かい空気が流れこんでいる影響で午前中から気温が上昇し厳しい暑さとなっています。
午前11時半までに観測した各地の最高気温は、魚津市で35.4度、高岡市伏木で35.3度、南砺市高宮で35.1度とことし初めての猛暑日となっているほか、朝日町で34.9度、富山市で34.7度などそのほかの地点でも真夏日を観測しています。
気象台によりますと、気温はこのあとも上昇し、日中の最高気温は富山市と高岡市の伏木ともに36度とと予想されています。
また、県内では昨夜、最低気温が25度を下回らず、ことし初めての熱帯夜となりました。
25日朝の最低気温も、富山市で26度、高岡市の伏木で25度と予想されていて、2日連続で熱帯夜になると見込まれています。
気象台は、強い日ざしを避けて水分をこまめにとることや屋内では冷房を適切に使用するなどして熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
また、屋外で人との距離を確保できる場合やほとんど会話を行わない場面ではマスクを外すようにしてください。

あいの風とやま鉄道の魚津駅前では、バスに乗り換えるために待っている人たちが額などから吹き出る汗を何度もハンカチでぬぐう姿が見られました。
また、魚津市の中心部には熱風のような南風が吹き込んできていて、道を歩く人の中には体に巻きつく蒸し暑さにうんざりとした表情を浮かべる人もいました。
散歩をしていた60代の夫婦は「とにかく蒸し暑い。熱風だけど、風が吹いていなければバテバテで動けないないと思います」と話していました。
また、車で配達中の40代の男性は「ことし一番の暑さだと思います。こんななかで仕事しているともうヘトヘトです」と話していました。
富山駅周辺で散歩をしていた70代の男性は「歩いていると汗が止まらないです。外に出るときは小型の扇風機やハンカチを持ち歩いて無理をしないようにしたいです」と話していました。
また、60代の男性は「まだ6月なのに気温が高すぎると思います。暑さに備えて準備することが大切だと思います」と話していました。