魚津市がイベントスタッフなどに「抗原検査キット」無償配布へ

新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、この夏、県内各地で恒例のイベントが再開される動きが出るなか、魚津市は大規模なイベントの運営スタッフなどを対象に「抗原検査キット」を無償で配布する方針です。

魚津市は、ことしが市制施行70周年にあたり、8月には「じゃんとこい魚津まつり」や「全日本大学女子野球選手権」など大型イベントの開催を控えています。
市では、こうしたイベントの開催と新型コロナウイルス対策を両立させる必要があるとして、イベントの運営スタッフなどを対象に「抗原検査キット」を無償で配布する方向で調整を進めています。
配布対象は、イベントの事務局など運営スタッフのほか、出店や展示の関係者や出演者、それに来場者と接触する機会が多くなるスタッフなどで、開催の前日に検査を受け、陰性が確認された場合のみ参加する対応をとってもらいたいとしています。
市は、6月議会に提出した補正予算案の可決のあとに検査キットの購入を進め、当面2000回分を備蓄する計画です。
魚津市は「市制施行70周年の記念の年なので、市内で開かれるイベントに安心して訪れていただけるよう環境の整備に努めていきたい」と話しています。