境港にオープンした魚市場 冷凍の魚使った料理のイベント

境港市の境港に、ことし8月にオープンした魚市場で、冷凍の魚を使った料理を味わうイベントが開かれました。

このイベントは、調理スペースや展示スペースを備えた、境港の新たな魚市場を活用しようと開かれました。
市場の調理スペースでは、境港市で飲食店を経営する料理人の濱野政和さんが、境港で水揚げされたマグロやサバなど、冷凍の魚を使った料理10品あまりを調理しました。
濱野さんは、冷凍することで旬の時期でなくても魚をおいしく味わうことができることや、調理方法を工夫することで、冷凍しても味が落ちないことなどを説明したあと、参加者はマグロの刺身や揚げ物などを味わっていました。
参加した女性は「冷凍したとは思えず、生で食べるのと変わりがないくらい、おいしく食べることができました」と話していました。
料理をふるまった濱野さんは「冷凍の魚の魅力を味わってもらえてよかったです。新しい魚市場はきれいで清潔感もあるので、活用を進めていきたい」と話していました。