鳥取県「ウェルカニとっとり得々割」10月11日開始へ調整

政府が新たな観光需要の喚起策「全国旅行支援」の実施を決めたことを受けて、鳥取県は新たなキャンペーン「ウェルカニとっとり得々割」を10月11日から開始する方向で調整を進めています。

「全国旅行支援」は、都道府県内などでの旅行を促す「県民割」に代わって、政府が全国に対象を拡大して導入する新たな観光需要の喚起策です。
国からの財源をもとに都道府県が実施することになっていて、対象期間は10月11日から12月下旬までとなっています。
これを受けて鳥取県は、10月11日から、新たなキャンペーン「ウェルカニとっとり得々割」を開始する方向で調整を進めています。
新たなキャンペーンでは、旅行代金が1人1泊あたり最大で8000円割り引かれ、土産物の購入などに使えるクーポン券は、休日は1000円分、平日は3000円分が配布されます。
県は「全国旅行支援」を開始するまでは、これまで実施してきた県民や周辺の県の観光客の宿泊代金などを割り引く「WeLove山陰キャンペーン」と「スペシャル・ウェルカニキャンペーン」を延長し、切れ目なく県内の観光事業者を支援したいとしています。
また飲食店への支援では、感染対策が県の基準を満たすと認められた「認証店」を対象にしたプレミアム付きクーポン券の販売と利用を、10月末まで延長することを決めました。