高齢男性が軽乗用車にはねられ死亡 鳥取市の住宅地

20日夜、鳥取市の住宅地で、87歳の男性が軽乗用車にはねられ、死亡しました。

20日午後8時半ごろ、鳥取市面影の市道の交差点を横断していた、近くに住む菅常好さん(87)が、右折してきた軽乗用車にはねられました。

菅さんは、鳥取市内の病院に搬送されましたが、上半身を強く打つなどしていて、およそ2時間半後に死亡が確認されました。

現場は鳥取市中心部に近い住宅地の交差点で、信号機はなく、警察によりますと、菅さんは横断歩道を歩いて渡っていたとみられるということです。

警察は、軽乗用車を運転していた43歳の団体職員の男性に事情を聞くなどして、事故当時の状況を詳しく調べています。