台風14号 鳥取県に19日夜最接近(15時)

大型の台風14号は、19日夜、鳥取県に最も接近する見込みで、県内は全域が暴風域に入っています。
鳥取地方気象台は、暴風に厳重に警戒するとともに、うねりを伴った高波や土砂災害などにも警戒するよう呼びかけています。

大型の台風14号は、午後3時には島根県大田市付近を、1時間に30キロとやや速度を上げて北東へ進んでいるとみられます。
鳥取県は全域が、風速25メートル以上の暴風域に入っていて、台風はこの後、今夜はじめごろから夜遅くにかけて最も接近する見込みです。
台風の接近に伴って県内では風が強まっていて、鳥取空港では午後2時すぎに22.6メートルの最大瞬間風速を観測しました。
県内では、最大風速が陸上で23メートル、海上で30メートル、最大瞬間風速が陸上で35メートル、海上で45メートルと予想されています。
波の高さは、19日は6メートル、20日はうねりを伴って8メートルと予想されています。
また、県内では19日未明から断続的に雨が降り続いていて、19日午前1時から午後2時までの降り始めからの総雨量は、鳥取市佐治で70.5ミリ、智頭町で67ミリ、日南町茶屋で65ミリなどとなっています。
県内では、19日夜は局地的に非常に激しい雨が降り、20日にかけて大雨となる見込みです。
20日昼までの24時間に降る雨の量は、多いところで150ミリと予想されていて、線状降水帯が発生した場合には、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあります。
気象台は、暴風に厳重に警戒するとともに、うねりを伴った高波や土砂災害、低い土地の浸水や河川の増水、氾濫に警戒するよう呼びかけています。