新型コロナ 鳥取県で新たに798人の感染確認 1人が死亡

鳥取県は、新たに798人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

7日は、▼米子保健所管内で381人、▼倉吉保健所管内で86人▼鳥取市保健所管内で331人のあわせて798人の感染確認が発表されました。
県内で発表された1日の感染者数としては、過去3番目の多さです。
県は、7日に感染確認を発表した2人と6日に発表した1人について、重複があったなどとして取り下げました。
これで、県内の感染確認は3万3740人となりました。
また、県は、新型コロナに感染して療養していた80代の1人が死亡したと発表しました。
県内で新型コロナへの感染確認後に死亡した人は27人となりました。
6日時点で県内で療養しているのは6997人、このうち入院しているのは134人です。
病床の使用率は39.1%、重症者用の病床を使用しているのは1人です。

【鳥取市と米子市でクラスター】
県によりますと、▼鳥取市内の小学校の放課後児童クラブで関係者8人、▼米子市の高齢者福祉施設で利用者と職員の7人の感染が確認され、いずれもクラスターに認定しました。