米子“登園調整” できる範囲で園児の登園控えるよう呼びかけ

新型コロナウイルスの感染が急激に拡大していることを受けて、米子市では28日から保育施設を利用する保護者に対し、できる範囲で園児の登園を控えるよう呼びかける「登園調整」が始まりました。

「登園調整」は、米子市が新型コロナウイルスの感染が急激に拡大する中でも保育を継続していくため、保育園や認定こども園など、市内にある60か所の保育施設を対象に28日から始めました。
このうち米子市の東保育園では、園児76人のうち10人が登園を控え、欠席しました。
保育園ではこまめな換気や、いすや机、おもちゃなどの定期的な消毒、それに学年を2つに分け、グループごとに間隔を空けて水遊びを行うなどの対策をとって過ごしていました。
米子市によりますと、6月20日からき27日までに、市内の幼稚園や保育施設で7件のクラスターが発生しているということで、当面の間「登園調整」を保護者に呼びかけることにしています。
東保育園の松原香里園長は「暑い中でマスクをすることが危険なケースもあるので、その場その場に応じて感染対策を検討し、登園調整で保護者からの協力もいただきながら、園児を受け入れていきたい」と話していました。