境港市 “パートナーシップ宣誓制度”導入 山陰地方で初

境港市で、同性のカップルなどを結婚に相当する関係と認める「パートナーシップ宣誓制度」が、山陰地方の自治体として初めて7月1日から導入されました。

「パートナーシップ宣誓制度」は、法律上は結婚できない同性のカップルなどを、自治体が結婚に相当する関係として認めるもので、法律上の効力はありませんが、行政手続きなどで結婚している人と同様の扱いを受けることができます。
境港市は、7月1日から山陰地方の自治体として初めてこの制度を導入し、市役所の入り口近くに、宣誓をしたカップルに記念写真を撮影してもらえるよう、背景のスクリーンなどが設置されました。
制度の対象となるのは、2人とも18歳以上で、少なくとも1人が市内に住んでいるカップルで、宣誓をすると、市営住宅に家族として入居できるほか、市内の病院で、パートナーの手術への同意や、入院の手続きをすることができるようになるということです。
境港市は今後、性的マイノリティーやこの宣誓制度について、公民館などで研修会を行うほか、市内の高校などで出前講座も開き、制度を周知していくことにしています。
境港市地域振興課の小川博史課長は「行政の対応だけでなく、市民一人一人の意識が変わっていくように啓発活動に取り組み、すべての人が笑顔で暮らせるまちづくりを進めていきたい」と話していました。