境港市の合板製造会社工場火災 1日近くたって鎮火

19日、境港市の合板製造会社の工場から火が出て、2人がけがをした火災は、発生から1日近くたった20日朝、鎮火が確認されました。
警察と消防は、21日以降に現場検証を行い、火事の原因を詳しく調べることにしています。

19日午前11時すぎ、境港市西工業団地の合板製造会社「日新」の工場で火災が起き、機械の点検を行っていた63歳と74歳の男性作業員が、のどや肩にやけどをする軽いけがをしました。
消防が19日から消火にあたっていましたが、発生から1日近くがたった20日午前8時半に、鎮火を確認しました。
警察によりますと、燃えた工場内にはまだ熱がこもっており、立ち入るのが難しいということで、熱が冷めたあと、21日以降に消防とともに現場検証を行い、火事の原因を詳しく調べることにしています。