伯耆町の養鶏場で鶏舎2棟全焼 1万羽以上のニワトリに被害

9日の夕方、伯耆町の養鶏場で鶏舎2棟が全焼し、けが人はいませんでしたが、1万羽以上のニワトリに被害が出ました。

9日午後6時前、伯耆町清原にある養鶏場「大山どり清山農場」から火が出て、木造平屋建ての鶏舎2棟、あわせておよそ880平方メートルが全焼しました。
警察によりますと、火が出た当時、養鶏場の敷地内に従業員がいましたが、けが人はいませんでした。
警察が現場を調べたところ、鶏舎内でニワトリが大量に死んでいて、被害は1万羽以上にのぼるということです。
警察と消防は、10日に合同で現場検証を行い、詳しい被害の状況や火事の原因を調べています。
現場は伯耆町役場から南東におよそ2.5キロ離れた山あいの地域です。