「全国旅行支援」徳島県11日から県内の旅行代金割引開始へ

政府の観光需要の新たな喚起策、「全国旅行支援」について、徳島県は今月11日から県内の旅行代金の割引を始めると発表しました。

「全国旅行支援」は各都道府県などで旅行代金を割り引くいまの「県民割」に代わって、政府が全国に拡大して導入する観光需要の喚起策で、実施の時期は各都道府県が判断します。

これについて徳島県は「みんなで!徳島旅行割」として全国の旅行者を対象に今月11日から県内の旅行代金の割引を始めると発表しました。

期間はことし12月20日の宿泊分までで、1人1泊あたり最大8000円を割り引くほか、1泊につき平日は3000円分、休日は1000円分までのクーポン券を受けることができます。

また、日帰り旅行の場合は1日につき最大5000円の割引を受けることができます。

一方、割引を受けるには3回のワクチン接種か、PCR検査などによる陰性証明が必要です。

四国ではほかの3つの県も今月11日から「全国旅行支援」を実施することにしていて、全国から四国を訪れる旅行や四国を行き来する旅行が割り引きを受けられるようになります。

徳島県は「感染防止対策を徹底した上で安心安全な旅行を楽しんでほしい」としています。