コロナ全数把握見直し 徳島県はフォローアップセンター開設

26日から新型コロナウイルスの感染者の「全数把握」が見直されます。
これにあわせて徳島県は、報告の対象外となる患者の体調が急変したとき、医師などが相談に応じる「とくしま健康フォローアップセンター」を開設します。

新型コロナの感染者数については26日から全国一律で「全数把握」が見直され、医療機関から保健所への届け出が65歳以上や、入院の必要がある人、妊娠中の人などに限定されます。

これに合わせて県は、26日から、届け出の対象外で自宅や宿泊施設で療養する人をサポートする「とくしま健康フォローアップセンター」を開設します。

センターは、検査で感染がわかった人が専用のQRコードや電話で情報を登録でき、体調の急変などに備え医師や看護師が電話で相談に応じ、症状に応じて入院の調整も行います。

また、センターは、登録した人の健康観察や食料などの物資の支給も行います。

一方、これまで毎日、県が発表してきた感染者の情報のうち、性別や、市町村別の人数、症状の程度は発表されなくなります。

今後の感染が見通せない中、届け出の対象外となる感染者を適切にサポートしていけるかが課題になります。