台風14号 徳島県に19日夕方〜夜のはじめ接近 災害警戒

台風14号は、19日夕方から夜にかけて徳島県に接近する見込みです。四国では、日中にかけて線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあり、気象台は、土砂災害や高波に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水などに警戒を呼びかけています。

台風14号の影響で、県内では風が強まり、▼美波町で30. 6メートル、▼徳島市で29. 9メートルの最大瞬間風速を観測しました。
雨も強まり、上勝町では午前2時50分までの1時間に91ミリ、那賀町では午前2時20分までの1時間に84ミリの猛烈な雨を観測しました。
土砂災害の危険性が非常に高くなっているため、吉野川市や美馬市の一部地域などでは、土砂災害警戒情報が出されています。
台風14号は、19日夕方から夜のはじめごろにかけて徳島県に接近する見込みで、四国では、日中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まるおそれがあります。
県内では、多いところで1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、20日朝までの24時間に降る雨の量は、南部で400ミリ、北部で200ミリと予想されています。
線状降水帯が発生した場合は、局地的にさらに増えるおそれがあります。
また、風は、海上を中心に非常に強く、最大瞬間風速は35メートルに達する見込みです。
波も高まり、南部ではうねりを伴った猛烈なしけとなる見込みで、波の高さは▽南部で9メートル、▽北部で8メートルと見込まれています。
潮位も高くなり、警報が発表されるような高潮になる可能性があります。
台風の接近が満潮と重なる時間帯は、特に警戒が必要です。
満潮の時刻は、▼小松島港が午後5時37分、▼美波町の日和佐港が午後2時40分と午後10時53分です。
気象台は、土砂災害やうねりを伴った高波に厳重に警戒し、低い土地の浸水、川の増水や氾濫、暴風に警戒するよう呼びかけています。