徳島県 新型コロナ 3人死亡 新たに474人感染確認

徳島県は13日、新たに474人が新型コロナウイルスに感染し、3人が亡くなったと発表しました。一日の感染者数は減少傾向にありますが、9月に入って発表された死者の数は、すでに36人にのぼり、月別で過去最多となっています。

新たに感染が確認されたのは、10歳未満から90代の474人で、全員が軽症か無症状です。

居住地別では、徳島市で159人、阿南市で60人、鳴門市で43人、吉野川市で29人、小松島市、藍住町で22人、美馬市で20人、阿波市で19人、三好市で16人、石井町、北島町で14人、海陽町で12人、板野町で9人、東みよし町で8人、美波町で5人、上勝町、神山町、那賀町、松茂町、上板町、つるぎ町で3人、牟岐町で1人、県外在住が3人です。

これで、県内の累計の感染者数は、8万8268人となりました。

一方、県は新型コロナに感染した80代以上の3人が亡くなったと発表しました。

県内の死者は162人になりました。

一日の感染者数は、減少傾向にありますが、9月に入って発表された死者の数は、すでに36人にのぼっていて、月別では、8月の34人を超えて過去最多となっています。

医療の状況です。

入院している人は109人、病床の使用率は38.1%です。
重症者は5人、重症者用の病床の使用率は20%です。