モンゴルの経済関係者が四国の観光施設など視察

日本との友好関係を深めようと、モンゴルから経済関係者およそ120人が四国を訪れ、観光施設などを視察しています。

モンゴルの経済関係者の訪問は、日本とモンゴルが外交関係を結んでことしで50年になるのを記念して企画され、モンゴルからおよそ120人が20日から5日間の日程で四国を訪れています。

初日は、徳島をおとずれ、兵庫県の淡路島とを結ぶ大鳴門橋の下に遊歩道がある観光施設「渦の道」を視察しました。

一行は、高さ45メートルから鳴門海峡を背景に写真を撮影したり、床に設けられたガラス窓から海を見たりして楽しんでいました。

モンゴルの40代の女性は「日本に初めて来てとてもうれしいです。美しいところを見てみたいです」と話していました。

受け入れを企画した西日本モンゴル交流協会の北村亮児専務理事は「観光産業や一次産業を視察して四国の魅力を味わってもらいたい」と話していました。

モンゴルの経済関係者の一行は、四国に滞在中、徳島県で藍染めの体験や農園を視察するほか、香川県ではうどん作り体験を、高知県で水族館を視察する予定です。