大気不安定 落雷や強雨などに注意 熱中症にも警戒を

県内では、大気の状態が非常に不安定となっていて、気象台では、18日夕方にかけて落雷や竜巻、急な強い雨などに注意するよう呼びかけています。
一方、このあと気温が上がる見込みで、18日間連続となる「熱中症警戒アラート」が発表されていて、熱中症に警戒が必要です。

徳島地方気象台によりますと、日本海の前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、県内では大気が非常に不安定な状態が続いています。

このあと前線は四国地方を南下する見込みで、県内の北部と南部の多いところでは1時間に40ミリの激しい雨が予想されています。

また、19日朝までの24時間に降る雨の量は、北部と南部の多いところで80ミリと予想されています。

気象台は、18日夕方にかけて落雷や、竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意するよう呼びかけています。

一方、午後から気温があがり、日中の最高気温が徳島市で32度と予想されるなど各地で厳しい暑さとなる見込みです。

熱中症の危険性が極めて高くなるおそれがあり、気象台と環境省は、18日も18日間連続となる「熱中症警戒アラート」を発表しました。

外出をなるべく避け、室内では我慢せずにエアコンなどを使って涼しくして過ごすなどして熱中症に警戒してください。