美馬市で37.8度 あすも猛暑日の見込み 熱中症厳重警戒

県内は15日も気温が上がり、美馬市で最高気温が37.8度を記録して猛烈な暑さとなり、16日も徳島市で猛暑日が見込まれ、熱中症に厳重な警戒が必要です。一方、昼すぎからは大気の状態が非常に不安定になる見込みで、急な強い雨などに注意してください。

県内は15日も気温が上がり、日中の最高気温は
▼美馬市で37.8度、
▼海陽町で35.7度と猛烈な暑さとなったほか、
▼15日夜、阿波おどりの最終日を迎える徳島市で34.6度など各地で厳しい暑さとなりました。

美馬市は兵庫県豊岡市と愛媛県西条市に次いで全国で3番目に高い気温となりました。

県内各地で16日朝にかけても気温が25度を下回らない熱帯夜が見込まれ、夜間の熱中症にも警戒が必要です。

16日も厳しい暑さが続き、日中の最高気温は  
▼徳島市で36度と予想され、猛暑日が見込まれるほか、
▼三好市池田と▼美波町で34度と予想されています。

熱中症の危険性が極めて高くなるおそれがあり、徳島地方気象台と環境省は、16日も16日間連続となる「熱中症警戒アラート」を発表しています。

▽外出をなるべく避け、▽室内では我慢せずにエアコンなどを使って涼しくして過ごすなど熱中症に厳重に警戒してください。

一方、16日昼すぎから夜遅くにかけて、大気の状態が非常に不安定になる見込みで、気象台は落雷や竜巻、急な強い雨に注意を呼びかけています。

急に冷たい風が吹くなど発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には屋外では頑丈な建物に移動する、屋内ではカーテンを閉めて、窓から離れるなど安全を確保してください。