阿波おどり 3年ぶり街なかで開幕

徳島市の阿波おどりは、12日から3年ぶりに街なかに桟敷を設けて始まり、踊り手たちが新型コロナウイルスの感染対策をとりながら、踊りを披露しています。

徳島市の阿波おどりは12日開幕し、市内中心部にある藍場浜公園の演舞場で、技量の高い「有名連」の踊りが始まりました。

徳島市の阿波おどりは、新型コロナの感染拡大の影響で、おととしの戦後初の中止に続き、去年は屋内中心に開催され、街なかに桟敷を設けて踊るのは3年ぶりです。

実行委員会は、従来より会場を縮小し、踊り手も毎日、検温をするなど、感染対策をして踊っていますが、踊り手が集まらず、複数のグループが合同で踊るケースもあります。

会場のJR徳島駅前では、大規模な交通規制が実施され、観光客なども参加して路上で踊ることができ、周辺のホテルのなかには、予約で満室になっているところもあります。

踊りを見に来た人は、「新型コロナとかこわい面もありますが3年ぶりでもありますし、皆さん楽しみにしていたので、こういう形で開催できたのはうれしいです」と話していました。

徳島市の阿波おどりは、今月15日まで行われ、期間中は、大勢の踊り手が一斉に踊る「総おどり」など、各地で踊りが披露されます。

開幕した阿波おどりでトップを切って踊りを披露した、技量の高い踊り手グループの1つ「阿呆連」の立川真千副連長は、「連員たちと毎日、検温をして備えてきました。久しぶりの桟敷はうれしいのひと言です」と話していました。

「阿呆連」の宇津宮隆仁さんは、「3年ぶりの桟敷は緊張しましたが、踊り切れて最高です」と話していました。

また「ほんま連」の児島理恵さんは、「毎日、検温と消毒と、できることをすべてやってきました。きょうを迎えられてうれしいです」と話していました。

京都から来た40代の観光客は、「感染対策もばっちりで、安心して見られました。初めての阿波おどりで迫力がありました」と話し、3歳の子どもは「楽しかったです」と話していました。

また、沖縄から子どもと来た40代の観光客は「3年ぶりに見られてよかった。家族にも初めて見せることができた」と話していました。

東京から来た40代の観光客は、「10年ぐらい、ずっと来ていたので、久しぶりに見られて本当に良かったです。あすもあさっても楽しみます」と話していました。