徳島県の最低賃金 31円引き上げ時給855円へ

徳島県の最低賃金について、労使の代表などでつくる徳島労働局の審議会は時給855円に引き上げるよう答申しました。引き上げ幅は過去最大のでことし10月から適用される見通しです。

最低賃金は企業が労働者に最低限支払わなければならない賃金で、厚生労働省の審議会は、今年度は過去最大となる全国平均で31円引き上げるという目安を示しました。

これを受けて労使の代表などでつくる徳島労働局の審議会が、10日、県内の最低賃金について議論しました。

審議会では▼使用者側から原油や原材料価格の高騰を背景に賃金の確保が難しいといった意見が出た一方、▼労働者側からは他県との賃金格差の是正を求める声があがったということです。

その結果、引き上げ幅は厚生労働省の審議会が示した目安より1円多く、全国平均と同じ31円とすることでまとまり、現在の時給824円から855円とするよう徳島労働局に答申しました。引き上げ幅は過去最大です。

今回の答申は、8月25日まで徳島労働局で異議の申し立てが受け付けられ、早ければ10月6日から適用される見通しです。