徳島県関係の国会議員の所得公開

衆参両院の国会議員の去年1年間の所得が4日に公開され、徳島県関係の5人の議員の所得の平均は1759万円でした。

所得公開の対象となるのは、去年1年間を通じて議員を務めた衆参両院の国会議員合わせて578人で、去年10月の衆議院選挙で初めて当選した議員などは含まれていません。

徳島県関係では、いずれも自民党の5人の所得が公開されました。

このうち、衆議院議員は所得の多い順に徳島2区選出の山口俊一氏が1815万円、比例代表四国ブロック選出の後藤田正純氏が1683万円となっています。

また、参議院議員は所得の多い順に徳島高知選挙区選出の中西祐介氏が1872万円、徳島高知選挙区選出の高野光二郎氏が1713万円、比例代表選出の三木亨氏が同じく1713万円となっています。

この結果、公開の対象となった徳島県関係の国会議員5人の所得の平均は1759万円でした。