台風4号 5日夜遅く以降に県内最接近か 土砂災害などに注意

台風4号は5日夜遅くから6日午前中にかけて徳島県に最も接近する見込みです。
県内は台風が接近する前から激しい雨が降るおそれがあり、気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに十分注意するよう呼びかけています。

徳島地方気象台によりますと、台風4号はこのあと、6日にかけて西日本を東に進んで四国に近づき、5日の夜遅くから6日の午前中にかけて、徳島県に最も接近する見込みです。

台風の接近に伴い、暖かく湿った空気が長時間流れ込む影響で、県内は大気の状態が非常に不安定になり、台風が接近する前から局地的に雷を伴って激しい雨の降るおそれがあり、発達した雨雲が停滞した場合は警報級の大雨になるおそれがあります。

海陽町では、午後8時までの1時間に国土交通省が設置した雨量計で22ミリの強い雨が観測されました。

1時間に降る雨の量は4日と5日のいずれも南部で40ミリ、北部で20ミリと予想されています。

また、5日夕方までの24時間に降る量は、南部で200ミリ、北部で120ミリと予想され、その後6日夕方までの24時間は、南部で100ミリから200ミリ、北部で100ミリから150ミリと予想されています。

台風が予報円の中心付近を進むと徳島県は5日夕方には風速15メートル以上の台風の強風域に入る見込みで、波もうねりを伴って3メートルと予想されています。

気象台は、土砂災害や、低い土地の浸水、川の増水に十分注意するとともに、強風や高波、落雷・竜巻などの激しい突風に注意するよう呼びかけています。