小松島の金長神社修復へ費用募るクラウドファンディング始める

徳島の民話に登場するたぬきの大将を祭った小松島市の金長神社について、老朽化が進んでいることから保存団体は修復費用を募るクラウドファンディングを始めました。

小松島市の金長神社は、民話「阿波の狸合戦」に登場するたぬきの大将「金長たぬき」を祭る神社で、スタジオジブリのアニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」をはじめ、多くのマンガや小説などの舞台となっています。

市は一時、取り壊しを検討していましたが、地元の人たちが存続を求めて活動し、去年、現地で保存されることが決まりました。

一方で、建てられてから70年近くがたち、老朽化が深刻になっていることから、神社の保存に取り組む「金長と狸文化伝承の会」は、修復の費用を募るクラウドファンディングを始めました。

目標金額は350万円で、クラウドファンディングサイト「OTSUCLE」でことし7月末まで受け付けています。

「金長と狸文化伝承の会」の松村優子理事長は「さまざまなアニメやマンガなどで描かれてきた金長神社は、全国から多くのファンが訪れる徳島の宝だ。未来へ残していくために皆さまのご支援をお願いしたい」と話しています。