県内ガソリン価格 2週連続で値下がり

今週のレギュラーガソリンの小売価格は、県内の平均で169円となり、2週連続で値下がりしました。

国の委託を受けてガソリン価格を調査している石油情報センターによりますと14日時点のレギュラーガソリンの小売価格は香川県の平均で1リットルあたり169円と先週より0.8円値下がりしました。

値下がりは2週連続で政府による補助金の効果で卸売価格が引き下がったことが主な要因です。

また、灯油の店頭価格は、18リットルあたり2006円と前の週より9円下がりました。

今後の見通しについて石油情報センターは、「政府による補助金の額が減ることから価格が上がる要因が強いとみられ、来週は小幅に値上がりする見通しだ」と話しています。