県内で激しい雨 丸亀市の大束川で氾濫開始水位超える

大雨の影響で、丸亀市などを流れる大束川の観測地点で氾濫開始水位を超えました。
この周辺では河川が氾濫しているおそれがあり、浸水などに厳重な警戒が必要です。

高松地方気象台によりますと、県内は昼すぎから前線に沿って雨雲が発達していて、大気の状態が非常に不安定になっています。

県内では、午後8時までの1時間に▽竜王山で46ミリ、▽高松市で34.5ミリの激しい雨が降りました。

国土交通省によりますと午後7時半ごろ、丸亀市を流れる大束川の飯山町にある富士見橋の観測地点で「氾濫開始水位」を超えています。

また、宇多津町にある大束川系の鴨田川の▽板橋東と▽牛堂の2つの観測地点で氾濫開始水位を超えました。

この周辺では河川が氾濫しているおそれがあります。

浸水などに厳重に警戒してください。

現在、香川県内では▽丸亀市と坂出市に大雨洪水警報、▽高松市と▽多度津町に大雨警報、▽宇多津町に洪水警報が出ています。

このあと前線はゆっくりと北上していく見通しですが、夜遅くまでは大気が不安定な状態が続く見通しだということです。

落雷の影響で、交通機関にも影響が出ています。

ことでん=高松琴平電気鉄道は、琴平線の一部で運転を見合わせているほか、JR予讃線は、観音寺駅と愛媛県の伊予三島駅の間の上下線で、一時、運転を見合わせました。