丸亀市 水道の基本料金 おおむね12月分から4か月分免除へ

丸亀市は、物価高騰の影響を受ける市民や事業者を支援しようと、水道の基本料金を4か月分、免除する方針を明らかにしました。物価高騰を受けて水道料金を免除するのは県内で初めてです。

丸亀市によりますと、対象となるのは、市内のおよそ5万2000世帯とおよそ2000の市内の事業所です。

市は、免除に必要となる費用、2億3000万円を水道事業の実施主体である県広域水道企業団へ補助金として支払うことにし、9月1日に開会する定例市議会に、補正予算案を提出することにしています。

水道料の免除は、11月の企業団の議会での議決を経て決まる見通しで、おおむね12月分から4か月分が免除される見込みです。

丸亀市によりますと、物価高騰を受けて水道の基本料金を免除するのは県内で初めてです。

丸亀市では、「物価高騰に対する経済支援として、より広範かつ確実に市民や事業者の負担軽減につなげたい」としています。