高松信用金庫 琴平町・まんのう町と連携協定 観光振興に協力

新型コロナウイルスの収束後を見据え、高松信用金庫は琴平町とまんのう町と包括連携協定を結び、観光客の誘致やPRなど、観光の振興に協力していくことになりました。

高松信用金庫で行われた協定の締結式には、大橋和夫理事長と、琴平町の片岡英樹町長、それにまんのう町の栗田隆義町長が出席し、それぞれ協定書に署名しました。

今回の協定では、新型コロナウイルスの収束後を見据え、高松信用金庫が全国のネットワークを活用して観光客の誘致やイベントのPRに協力するなど、観光の振興に取り組んでいくとしています。

琴平町とまんのう町の間では、すでに観光振興に関する連携協定を締結していますが、新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、町を訪れる人をいかに回復させていくかが課題となっていて、信用金庫を巻き込んだ包括連携協定を生かして観光の立て直しや地域の活性化につなげていきたい考えです。

高松信用金庫の大橋理事長は「香川県の発展なくして信用金庫の未来もないので、観光客の誘致とともに、地元の特産品も紹介し地域経済を支えていきたい」と話しています。