県立中央病院「入院患者受け入れ延期」今月12日まで延長

県立中央病院は、医師や看護師らが相次いで新型コロナに感染するなどして出勤できない状態が続いているとして、5日までと発表していた入院する患者の受け入れを延期する対応を12日まで続けると発表しました。

県立中央病院では、医師や看護師らが新型コロナに感染したり濃厚接触者になったりして、患者の受け入れ体制が十分に整わないとして、今月1日から5日まで入院する患者の受け入れを延期する対応を行うことにしていました。

しかし4日の時点でも37人の職員が出勤できなくなっていることからこの対応を今月12日まで続けると発表しました。

また出勤できない看護師は、主に整形外科の患者が入院している病棟に集中していることから、整形外科などの救急患者の受け入れを断る可能性があることもあわせて明らかにしました。