3日も猛暑日予想 高松では37度 引き続き熱中症に警戒を

2日の県内は、日中の最高気温が綾川町の滝宮で36.8度となるなど8日連続の猛暑日となりました。

3日に予想される日中の最高気温は高松市で37度と、猛暑日が続く見込みで、気象台などは熱中症警戒アラートを出して外出をなるべく避けることなどを呼びかけています。

高松地方気象台によりますと、2日も県内は高気圧に覆われて広い範囲で晴れて気温が上がり、各地で35度以上の猛暑日となりました。

県内で猛暑日になるのは8日連続です。
午後5時までの最高気温は、綾川町の滝宮で36.8度、高松市で36.4度、多度津町で35.4度でした。

消防によりますと、2日午後5時時点で5人が熱中症とみられる症状で病院に搬送されました。

このうち三豊市では、学校で部活中の10代の女性が全身の脱力感を訴えて搬送されました。
中等症とみられるということです。

気象台によりますと3日も高気圧に覆われ県内は広い範囲で晴れて気温が上がる見込みで、日中の最高気温は、高松市で37度と平年を上回る猛烈な暑さになることが予想されています。

熱中症の危険性が極めて高くなるおそれがあり、気象台と環境省は香川県に「熱中症警戒アラート」を発表し、いっそうの対応を求めています。

具体的には外出をなるべく避けることや室内ではエアコンなどで涼しくして過ごすこと運動する場合は、医師や看護師を配置するなどの対策を取ったり、涼しい屋内で行ったりするよう呼びかけていて、お年寄りや小さな子どもは特に注意が必要です。