高松高裁裁判官4人コロナ感染確認 うち1人が体調不良で出勤

高松高等裁判所の裁判官4人が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。このうちの1人は、感染が確認される前、体調不良にも関わらず、出勤を続けていたうえ、4人で飲食店で昼食をとっていたということです。

高松高等裁判所によりますと高松高裁の民事部に所属する裁判官4人が先月29日に新型コロナウイルスに感染したことが確認されたということです。

このため、先月29日から今月5日までに予定されていた民事裁判など、16件の期日を取り消したということです。

高松高裁によりますと4人の感染経路は明らかではないということですが、このうちひとりの裁判官が、先月26日にけん怠感を感じていたもののそのまま出勤を続けていたということです。

また、翌日には今回の4人で市内の飲食店で昼食をとり、マスクを外して会話した人もいたということです。

この裁判官は「けん怠感を感じたが仕事の疲れだと思っていた」と話しているということです。

高松高等裁判所の一原友彦事務局長は「基本的な感染防止対策がとられていない部分があったことについて、大変遺憾である。職員に対して感染拡大防止を徹底するよう指導していきたい」とコメントしています。