同性婚訴訟 “憲法に違反しない”1審判決は不服 原告が控訴

同性どうしの結婚が認められていないのは憲法に違反するとして同性のカップルが国に賠償を求めた裁判で、憲法には違反しないと判断して訴えを退けた1審判決を不服として、3組の原告は大阪高等裁判所に控訴しました。

京都府や香川県などに住む男性どうしと女性どうしの3組の同性カップルの6人は、民法や戸籍法の規定が同性どうしの結婚を認めていないのは憲法に違反するとして、国に賠償を求める訴えを起こしていました。

6月20日、大阪地方裁判所は、「婚姻の自由を定めた憲法24条は、男女の間での結婚を想定したもので同性間を含むものではない」などとして、法律の規定は憲法に違反しないと判断し、訴えを退けていました。

これについて、30日、原告側は会見を行い、判決を不服として、大阪高等裁判所に控訴したことを明らかにしました。

このうち京都市の坂田麻智さんは、「国が動いてくれないから裁判所に助けを求めたのにショックだった。裁判所は人権の最後のとりでだというところに期待したい」と話しました。

また、香川県三豊市の川田有希さんは、「国際的にも遅れていると思うので、高裁でいい判決を出してもらうのが今の希望です」と話しました。