東かがわ市 36.9度など各地で猛暑日 熱中症で8人搬送

24日の県内は東かがわ市で日中の最高気温が36.9度になるなど各地で猛暑日となりました。25日も暑さが続き真夏日となる見込みで、気象台は引き続き熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

高松地方気象台によりますと県内は高気圧に覆われておおむね晴れ、各地で気温が上がりました。

日中の最高気温は▼東かがわ市引田で36.9度、▼高松市で35.9度、▼綾川町の滝宮で35.6度など県内7つの観測地点すべてでことし1番の暑さとなりました。

高松地方気象台と環境省は、熱中症の危険性が極めて高いとしてことし初めての熱中症警戒アラートを発表しました。

25日の日中の最高気温は高松市で32度の予想で、気象台は引き続き熱中症に十分注意するよう呼びかけています。

一方、25日は前線が山陰付近に停滞し、暖かく湿った空気が流れ込むため県内は夕方にかけて大気の状態が非常に不安定になる見通しです。

気象台は落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨にも注意するよう呼びかけています。

消防によりますと、24日午後5時の時点で県内であわせて8人が熱中症とみられる症状で病院に搬送されました。

搬送されたのは高松市など5つの市と町の20代から80代までの男女8人で、いずれも意識はあるということです。