廃線になった鉄道路線巡るスタンプラリー 丸亀市

かつて、香川県中部を走っていた鉄道路線を知ってもらおうと、スマートフォンのアプリを利用した、廃線跡を巡るデジタルスタンプラリーを香川県丸亀市の観光協会が始めました。

このスタンプラリーは、香川県中部で昭和の中ごろまで運行していた鉄道路線を鉄道ファンや子どもたちに知ってもらおうと、丸亀市観光協会が今月から始めました。

スマートフォンのアプリを利用して、香川県中部に残る、琴平参宮電鉄と琴平急行電鉄の廃線跡を巡ってもらおうというもので、アプリに表示された地図を参考に廃線跡にたどりつくと、自動でスタンプが押されます。

スタンプが押される廃線跡のスポットは25か所用意されていて、スタンプを10個以上集めて丸亀駅の観光案内所に提示すると、先着順で地元の鉄道の歴史などが書かれた子ども向けの学習シートがプレゼントされます。

このスタンプラリーは9月30日まで行われます。

丸亀市観光協会の西宇絵理さんは「地域の隠された歴史を地元の人たちにたくさん知ってもらい、特に子どもや親子でスタンプラリーを楽しんでもらいたい」と話しています。