高松市の保育所で給食に金属片混入 健康被害なし原因調査

16日、高松市内の保育所で給食に金属片が混入していたことがわかりました。児童や保育士に健康被害はないということです。

高松市によりますと、16日午前11時半すぎ、高松市立大野保育所の2歳児のクラスで担任の保育士が給食に出された厚揚げチャンプルーを食べていたところ、口の中に違和感を感じ、金属片が混入しているのをみつけしました。

金属片は長さ5ミリ、太さ0.5ミリほどだったということです。

金属片がみつかったとき、1歳児から3歳児はすでに給食を終えていて、それ以外のクラスでは直ちに給食を中止し、ほかに金属片が紛れていないか確認したあと、金属片がみつかった厚揚げチャンプルーを除き、給食を再開したということです。

児童や保育士に健康被害はないということです。

給食はこの保育所で専門の職員が作ったもので、高松市で原因を調べています。

高松市は市内の各保育所やこども園に対して給食の安全確認の徹底を周知するとしています。